募集定員をオーバーし、満席の熱いセミナー会場。

その講義をご自宅で何度でも学べるチャンス。


   

 価格競争で苦しむ販売者

ネットでの販売は手軽に誰にでも簡単に始められるのですが、購入者も賢くなってきて、全国のネットショップを検索して、一番安いところから購入するのが当たり前になってきました。

とにかく1円でも安いところから買おうとするので、最も安いショップ以外は売れなくなってきています。

そこで、各ショップはライバル店の価格を調査して、それよりも安く販売するようになって、恐怖の価格競争が起こっています

これは小規模ビジネスでは最悪の状態です。

数に物を言わせる大規模小売店なら、価格競争に勝っていけますが、個人レベルで販売している小規模のネットショップでは、とてもじゃないですが生き残っていけません。

忙しいだけでほとんど利益が残らず、経営は苦しくなる一方です。

小規模のショップが成功するためには、粗利の大きな商品を販売するのが大原則なのです
1個売って100円しか儲からない商品より1000円、1万円儲かる商品を扱った方が良いに決まっていますね。

しかし・・・

そんな商品がどこにでもあるわけではありません。

 

 輸入ビジネスが注目されたが・・・

ライバルが少なく粗利の大きな商品の代表格として、インポート商品がありました

輸入というハードルがあるため、誰もが参入できるわけではなく、ライバルが少なく大きな粗利が得られるわけです。

そのため一昔前はこの「個人輸入」が非常に注目され、実際に大きく稼いだ個人がたくさんいました

しかし・・・

今となっては輸入は一般化し、主なインポート品はライバルだらけで、以前のような大きな粗利は取れなくなりました。

インターネットの普及で、誰もが個人輸入ができるようになったため、このような状況になってきました。

 

 なぜ個人輸出に参入者が少ないのか

「個人輸入」という言葉はずいぶんよく聞きましたが、反対の「個人輸出」はあまり耳慣れない言葉ですね。

以前、個人輸入が注目された時も、個人輸出はまったく注目されませんでした。

なぜでしょうか。

その理由には、先入観としてのハードルの高さがあります。

個人輸入なら、海外の面白そうな商品を見つけて、そこと交渉して仕入れることができれば、あとはネットショップでもオークションでも販売はできます。

しかし、輸出となると、どこで、誰に、どのように販売すれば良いのかサッパリわからない人が多いんです
どこに輸出していいのかわからないのでは、輸出のしようがありませんね。

そういう理由で、今も個人輸出への参入者は非常に少ないのです。

このセミナーを受講していただくとわかりますが、
実は個人輸出が難しいと思っているのは、勝手な先入観であって、
全然難しく無いんです


 個人輸出が儲かる3つの理由

個人輸出が断然儲かる理由は3つあります。
これから説明します。

ひとつめ。
先に書いたように、勝手な先入観によって参入者が少ないため、ライバルが少ないということです。
競合する同業者が少ないということは商売上、非常に有利なのは明白です。
他店を気にせず値段も勝手に決められます。

ふたつめ。
輸入と比べて市場の絶対規模がはるかに大きいです。

当然ですが、輸入は日本人がお客さんですから、1億2000万人がその市場です。

輸出は日本以外の全世界がお客さんですから、66億人以上の市場があります。その中には電気も来ていない地域もありますのですべてが対象にはなりませんが、日本という限られた市場と比べるとはるかに大きいことは、容易に想像できるでしょう。

みっつめ。これが非常に重要です。
ネットで商品を購入する人には大きく分けて2種類存在します。

 ・ 一般の商品を安く買いたい人
 ・ いくら払ってでもその商品を手に入れたい人


つまり、前者は一般的な買い物を安く済ませたい人で、後者はコレクターなどで、欲しい商品をネット上を捜しまわっていて、見つけると、いくら払ってでも手に入れたいと思う人です。

あなたにとってどちらのお客さんがいいですか。

当然後者ですね。

これは一見輸出とは関係無いように思えますが、実は大いに関係があります。

日本でしか手に入らない、日本ならではの商品を集めるコレクターは世界中にいます。そのコレクターを相手に商売をするのは、非常にうまみがあります。

以上が、輸出が輸入より儲かる理由です。

参入者の少ない『今』なら、思う存分先行者利益を得ることができます

いかがですか。

ここまで聞いて、まだ輸出ビジネスに参入しないなら、あなたは目の前にある非常に大きなチャンスをみすみす見逃すということになります。


 講師紹介
牧野 弘直(まきの ひろなお)
WEB海外販売コンサルタント

1976年生まれ、東京都出身。東京農工大学博士課程中退。

学生時代、数々の失敗を乗り越え、海外ネットオークションによって、たったの1年で月商140万円以上の売上を達成。
それをベースにして、海外向けネットショップを開設し、月商200万円に。世界中のオタク・ヘビーコレクターに大量に恵まれ、在学中に有限会社を設立。
現在は、海外ネットオークションだけでなく、海外ネットショップ運営もこなし、ネットモール事業&海外通販支援事業を行なう。

  著書 メディア掲載多数
 

 講義内容

このセミナーの講義内容は以下の通りです。

  個人輸出とは・・・個人輸入はもう古い。これから稼ぎたいなら個人輸出だ。
  個人輸出は早いモノ勝ちだ・・・今すぐ行動を起こした者だけが先行者利益を得ることができる。
  個人輸出のメリットとは・・・このメリットを知ったら、あなたは今すぐ個人輸出をせずにはいられなくなるでしょう。
  英語は勉強しちゃだめだ・・・わざわざ英語の勉強をする必要なんてまったくありません。それこそナンセンス。
  まずは海外オークションからはじめよう・・・オークションなら今日からすぐ海外輸出ができる。
  個人輸出ビジネスの成長ステップ・・・こうすれば簡単に月商7桁も実現可能になる。

 講師 牧野弘直からのメッセージ

個人輸入はもう、儲かりずらい。厳しい。

インターネット普及したおげでだれでも個人輸入が簡単にできるようになったからです。

でも、
これからは個人輸出です。

まだまだ、日本人で個人輸出している人は非常に少ないです。
反対に
個人輸入している人は山のようにいます。

つまり早いもの勝ちです。

8年前を思い出してほしいのですが、
当時、ヤフオクではなんでも飛ぶように売れました。
いわゆるヤフオクバブルの時代でした。
それが今は売るのが難しくなっています。

海外に目を向けると、
昔のヤフオクバブルのようなことが起こっています。
これを逃してはもったいないですよね。

そして、
個人輸出のための英語なんて思っているより簡単で、中学レベルで十分です。

そして何よりも、
海外には桁違いのお金持ちがゴロゴロしています。

そのお金持ちたちが、日本のものを欲しくても簡単に買えなくてすごく困っています。
ぜひ、そのひとたちを助けてあげてほしいといつも思っています。
感謝されて、お金もいっぱいもらえます。

セミナーでは、
海外のお金持ちに出会うためのステップ、テクニックなどを具体的に説明します。

ぜひ、個人輸出ビジネスをはじめるきっかけになったら嬉しいです。

 主催者からのメッセージ

ハーフウエストビジネスセミナーDVDのページをご覧いただきありがとうございます。

弊社が運営していますNAAの会員さんたちでも、eBayへの出品から始めて、個人でバリバリと海外へ商品を販売する方が徐々に増えてきました。

とは言えその参入者数は、まだまだ少なく、世界の市場を考えると、個人輸出というビジネスは、まだ始まったばかりの、『非常に美味しい』時だと言えます。

どんなビジネスも、一気に市場が広がる成長期の初期に参入するのが最も効率的なのは言うまでもありません。

それより早すぎると努力のわりになかなか伸びないですし、遅いと競争が激しすぎて儲からないわけです。

その点では、この輸出ビジネスは絶好のタイミングだと言えます。

今回は「海外ネットオークションで月商200万円稼ぐ法」の著者である
牧野弘直氏を講師としてお迎えし、eBayすら未経験の初心者でも手軽にできて、しっかり稼げる個人輸出のノウハウを伝授していただきました。

この機会にぜひ個人輸出に参入して、このDVD購入者みんなで先行者利益をガッポリ得てください。


                              有限会社ハーフウエスト 西村泰一

 セミナーDVD注文







<<クレジットカードで注文する>>


申し込み後すぐに自動返信で案内が届きます。
しばらく待っても届かない場合はお手数ですがメールにてお問い合わせください。

ビジネスセミナー事務局